βグルカンのサプリを摂取【元気もりもりライフ】

男女

内服薬やサプリメント

眼精疲労

眼科のクリニックを受診

仕事で長時間パソコンを使用した後は、プライベートでは友人と交流をするためにスマートフォンを使用している人が多いため、かつての日本に比べると眼精疲労に悩んでいる人が増えています。普段の生活では、長時間のパソコンやスマートフォンの操作を控える必要がありますし、血流を促進する働きのあるビタミンEや疲れ目を改善する働きのあるビタミンAを多く含んでいる食品を食べましょう。眼精疲労を感じている人は、ドライアイで悩んでいる人が増えており、目薬が手放せない人も大勢おられます。眼科のクリニックに通院をすると、視力検査や眼底検査などを行ってもらえますし、必要な場合は点眼薬を処方してくれるので、しばらくは続けることが大事です。眼科のクリニックでは、血流を促進したり、心身をリラックスさせる働きのある内服薬も処方してくれます。眼精疲労を放置しておくと、視力が低下したり、眼病に罹るリスクも高まるので、普段からきちんとケアをしておく必要があります。眼精疲労を改善するために、サプリメントを服用してみたい人が増えています。優れた抗酸化作用の高いアントシアニンやポリフェノールが含まれているブルーベリーやビルベリーを原料にした商品がお勧めしたいです。ルテインなどのカルチノイドが含まれているサプリメントも、視神経の血流を促進する働きがあります。受験勉強や仕事などで眼精疲労を感じている時は、ホットタオルを目に乗せるのもお勧めしたいです。炎症を起こしている時や、充血をしている時は温めないほうが良いでしょう。